電子タバコに使用されるグリセリンは身体に悪くない?人によってはアレルギー反応も

電子タバコに使用されるグリセリンは身体に悪くない?人によってはアレルギー反応も

紙巻きタバコに代わり人気になっている電子タバコ。

紙巻きタバコは有害な物質を多く含んでいる為使用することでガンになる可能性が高くなる、心筋梗塞、脳梗塞を引き起こす可能性が高くなるといったリスクがあります。

また副流煙が出てしまう為受動喫煙を起こしてしまう事もあるためリスクや危険性をよく理解して使用しなければいけません。

電子タバコは有害物質が含まれていない為、使用していても健康被害になりにくい、水蒸気を吸う為副流煙が出ないと言う事から紙巻きタバコより安全なので注目を浴びています。

ネット等で電子タバコについて調べていると、電子タバコのリキッドに使用されているグリセリンが身体に悪いといった記事を見かけるのですが、実際はどうなのでしょうか。

今回は電子タバコに使用されているグリセリンが身体に本当に悪いのかご紹介していきます。

リキッドに含まれているグリセリンは身体に悪いの?

リキッドに含まれているグリセリンは身体に悪いの?

電子タバコはリキッドと呼ばれる液体を加熱して発生する水蒸気を吸引して楽しむ商品です。

リキッドはいくつかの成分によって構成されているのですが、この中の一つであるグリセリンが身体に悪影響を与えてしまうといった記事や口コミがあります。

グリセリンは本当に体に悪いのでしょうか。

ここではVAPEと呼ばれる電子タバコを例にご紹介していきます。

リキッドにはどういう成分が入っている?

VAPEで使用するリキッドにはプロピレングリコール、香料、精製水、植物性グリセリンが使用されています。

海外製のリキッドになると物によってはここにニコチンが加わります。

プロピレングリコールは多価アルコールの一種類になります。

水やアルコールに溶けやすい性質があり、防腐効果があると言われています。

ニオイの元になる香料を溶かしてくれる効果もあるので化粧品などにも使用されている成分です。

食品添加物としても知られておりうどんなどに含まれていることもあります。

安全性も高い成分として知られています。香料はリキッドのニオイの元になる成分です。

基本的に食品添加物にも使用されている香料を使用しているので、こちらも安全は非常に高いと言われています。

植物性グリセリンは植物油を生成して作るアルコールの1種です。

食品添加物や化粧品、医療品などに使用されている成分で、甘味料や保湿剤等幅広い用途で使用されている成分です。

粘度がある事が特徴の1種になります。

リキッドについては下記のページで詳しくご説明しています。是非参考にしてください。

リキッドとは?>>

植物性グリセリンが身体に悪影響を及ぼすのか

先程ご紹介した植物性グリセリン。この物質が身体に悪影響を及ぼすため電子タバコは危険であるといった情報があります。

植物性グリセリンは医療品などにも使用されており安全な成分であると言われています。

経口投与した場合の半数致死量と呼ばれる数値があり、一定量のグリセリンを飲んでしまった場合に半数の方が死に至ってしまうという量になります。

しかし一度に一定量のグリセリンを飲まなければ死に至らないので量を守れば危険性はありません。

電子タバコの場合にグリセリンが危険であると言われている理由の一つはアクロレインが関係しています。

グリセリンを沸騰するまで加熱するとアクロレインと呼ばれる物質が生成されると言われています。

アクロレインは強い毒性がある物質です。

その為グリセリンが入っているリキッドを加熱するとアクロレインが生成されて危険なのではないかと言われています。

しかし、グリセリンの沸点は高く電子タバコの加熱ではグリセリンが気化することはまずありません。

現時点では電子タバコでアクロレインが生成されてはいない状態です。

グリセリンを吸引した際のデータが少ないため危険性やアクロレインが生成されない理由などは詳しく解明されていないのが現状です。

グリセリンでアレルギー症状は起きるの?

グリセリンは基本的には安全な成分であると言われています。

グリセリンが含まれている化粧品などを使用して、皮膚に影響が出ることも比較的少ないと言われています。

しかし、人によっては皮膚にアレルギー症状が出てしまう可能性もあるため注意が必要になります。

電子タバコに使用されるグリセリンは基本的に安全

電子タバコに使用されるグリセリンは基本的に安全

今回は、電子タバコに使用するリキッドに含まれるグリセリンの安全性についてご紹介してきました。

グリセリンは食品、化粧品、医療品に現在でも使用されている成分で基本的に安全な物質であると言えます。

条件が揃ってしまうと危険な物質になる可能性が出てきますが、現時点では電子タバコで使用していて健康に被害が出るといった事はありません。

用法容量を守っていれば安全な成分ですので、電子タバコも使用方法を守って使用するようにしましょう。