ヌンチャクの口コミ評判|吸い方・料金・におい・注意点など

ヌンチャクの口コミ評判|吸い方・料金・におい・注意点など

ヌンチャクは、UWELLが販売しているカートリッジタイプの電子タバコです。

チューブ型の構造をしていて、接続部は510規格となっているため、あらゆる種類のアトマイザーを装着することが可能です。

また、カラーバリエーションも豊富にあるため、見た目を楽しみながら喫煙をすることができるのも魅力的な商品です。

もちろん性能面でも充実している商品で、出力調節や温度調節をすることが可能となっています。

ここではこのヌンチャクの特徴、使い方、価格などについて詳しく紹介します。

\\購入は「ビヨンド」で//

ヌンチャクの口コミ評判

リキッド式の電子タバコを使用した経験があるのですが、出力の調整があまりできないものだったので、細かく出力調整ができるヌンチャクを購入しました。
私にあった出力を探すことができ、以前のものよりずっと使いやすいです。

出産を機に紙巻きたばこをやめて、リキッド式の電子タバコを使用しているのですが、ヌンチャクは出力調整が本当に優れていて、これなら子供にも影響なく自分の満足いくように使用していけそうです。

加熱式電子タバコの吸いごたえがいまいちだったのでヌンチャクを購入しました。
蒸気が大量に発生するので吸いごたえはすごくあると感じています。
ただ、ニコチンを吸えたらもっと最高です。

電子タバコですぐにバッテリーがだめになることがあったので、バッテリーがリチウムイオン電池のヌンチャクを購入してみました。
今のところバッテリーがだめになることはないですが、だめになった時も自分で簡単に変えることができそうです。

リキッド式の電子タバコを吸いたくてなんとなくヌンチャクを買ってみました。
やはりニコチンは吸いたい気持ちになりますが、ヌンチャクのおかげかフレーバーの味が思ったよりしっかりしているので満足できます。

ヌンチャクの特徴は?



ヌンチャクの形はチューブ型の構造になっており、その直径が27.4mm、高さが94.5mmとなっています。

接続部は510スプリング式を採用しており、多くの種類のアトマイザーを接続して使用することができます。

最大出力は80Wですが個々のニーズに合わせて5Wから80Wという広い範囲で出力を調整することができます。

また、本体の重量はバッテリーを抜いて124gなのでさほど重いわけではありません。

ヌンチャクと他の電子タバコとどう違う?

まず、バッテリーに18650リチウムイオン電池が採用されていることが、他の電子タバコにはない特徴と言えます。

他の電子タバコの場合には、内蔵型のバッテリーが採用されていることが多いのですが、ヌンチャクの場合は取り外しが可能な18650リチウムイオン電池が採用されています。

このことによる最も大きなメリットは、使い続けることによってバッテリーが寿命を迎えた場合でも、18650リチウムイオン電池を購入して、元のものと交換することで、バッテリーは新品同様に生まれ変わることです。

これなら素人の方でも簡単にバッテリー交換をすることができます。

内蔵型のバッテリーの場合は、バッテリーが寿命を迎えた時点で新しいものに買い替える必要が出てきますが、ヌンチャクはその必要が全くないわけです。

さらに、ヌンチャク本体にmicroUSBの端子がついており、ここに電源を接続することでリチウムイオン電池の充電を行うことができます。

充電の際にはわざわざリチウムイオン電池を取り外す必要がないということです。

また、出力調整を他の電子タバコよりも細かく行うことができます。

ヌンチャクの出力調整の範囲は5Wから80Wの間となっていますが、この範囲内であれば0.5W間隔で出力調整が可能です。

これは、他の電子タバコと比較するとより細かい設定が可能になっていると言えます。

人それぞれ、または場面によって必要な出力は異なってくるので、それを細かく調整できることは様々な人のニーズに対応することにつながります。

また、使用するリキッドやアトマイザーによって出力を変更し、それぞれの商品の組み合わせに適した出力を選択することができます。

また、温度も調節することが可能となっています。温度は100から300℃の間で調節することが可能です。

温度調節にこだわって喫煙したい方にはうれしい機能となっています。

そして、リキッドを注入する際には本体の上部からリキッドを注入するようになっており、リキッドを補充する作業が簡単にできてしまうことも使い勝手の面でうれしいことです。

ヌンチャクはどういう人にオススメ?

まず、加熱式電子タバコの蒸気の量に物足りなさを感じている方にオススメします。

加熱式電子タバコは紙巻きたばこと比較して煙が少なく、吸った気にならない、物足りないと感じることが多く、これが加熱式電子タバコへの不満につながっていることが多いです。

しかし、ヌンチャクのようにリキッドを使用したタバコではものすごい量の蒸気が出るので、吸引時の物足りなさはあまり感じることはありません。

ただ、リキッドを使うタバコの場合、想像以上の蒸気が出てきてかえって嫌だと感じる方も多いと思います。

しかし、ヌンチャクの場合は出力調整が5Wから80Wの広範囲で、0.5W単位と小刻みな出力の調節が可能となります。

これによって、蒸気が出過ぎて嫌だという不満は解消されます。

このため、リキッドを使用するタイプを使用したことがない方には特にオススメしたい商品です。

また、バッテリーが寿命になる度に本体を買い替えることに嫌気がさしているという方にとっても、オススメしたい商品です。

ヌンチャクは前述の通り、バッテリーが内蔵されているのではなく、18650リチウムイオン電池が挿入されているだけです。

18650リチウムイオン電池は、家電量販店に行けば比較的どこにでも置いてあるタイプの電池ですし、交換もただ電池を挿入するだけのことです。

本体の買い替えとなるとやはり、電池を交換することと比較するとそこそこ大きな出費になってしまいます。

経済的な面でもヌンチャクは優れた商品であると言えるでしょう。

ヌンチャクの使い方について

ヌンチャクの使い方についてですが、まず電源をONにする時には、パフボタンを5回連続で押します。

すると、電源がONになります。

逆に、電源をONからOFFにする場合も同様にパフボタンを5回連続で押すと電源がOFFになります。

また、電源がONになっている状態でパフボタンを3回連続で押すと、モード切替を行うことができます。

本体下部のディスプレイの上側にプラス(右側)とマイナス(左側)のボタンがあります。

このプラスマイナスのボタンでモードを選択し、パフボタンで決定することができます。

電源がONになっている状態でパフボタンとプラスボタンを同時押しすると、プラスマイナスのボタンがロックされます。

このロックを解除する時にも同様の操作を行います。

また、電源がONになっている状態でパフボタンとマイナスボタンを同時押しすると全ボタンのロックがかかります。

逆にロックがかかった状態で同じ操作をするとロックが解除されます。

次に実際に喫煙するためのヌンチャクの使い方ですが、使う前にアトマイザーとドリップチップをヌンチャク本体に接続します。

トップキャップを反時計回りに回すと、リキッドを補充する注入口が現れるので、ここにリキッドを注入します。

これで準備完了となります。

この状態でパフボタンを押すと、気化したリキッドが蒸気となって吹き出します。

ヌンチャクの料金について

ヌンチャクはAmazonではカラーによって価格が異なりますが、価格が最も安いパープル、青、ステンレス鋼の3色は6999円で販売されています。

ヌンチャクを使う際の注意点

まず、充電の際には急速充電器(急速対応変換コンセント)などで充電しないでください。

また、本体を分解する際にはガラスタンクに力が入りすぎると割れて怪我を負う恐れがあるので、アトマイザーを付け替えたり、コイルを交換したりする場合には、ガラスタンクが割れないようななるべく軽い力で行うようにしましょう。

また、初めてヌンチャクを使用する時やコイルを交換する際にはリキッドを注入後、リキッドをコイルに染み込ませるために、ある程度時間を置いてから吸引を開始するようにしてください。

もし、リキッドを注入後すぐに使用を始めると、コイルにリキッドがいきわたってないために、コイルが焦げて臭いにおいがすることがあります。

ヌンチャクの総合評価

ヌンチャクは発生する蒸気の量が多く、非常に満足度の高い商品です。

また、上記の量が多すぎた場合、少なすぎた場合には、前述の通り出力を広範囲に細かく調整することがかのうですので、人それぞれの需要に対応する能力がある電子タバコと言えます。

\\購入は「ビヨンド」で//

関連ページ:フレヴォ
関連ページ:マイブルー
関連ページ:ロアレス