IQOS(アイコス)の使い方・使用感・におい・料金など

IQOS(アイコス)

かつては当たり前のようにタバコを愛用している方がたくさんいました。

ですが年々タバコへの風当たりが強くなり、喫煙所の数もめっきり減ったものです。そんな状況で登場したのがアイコスという製品。

アイコスはタバコ特有の匂いを押さえた紙巻タバコとは全くことなる「加熱式タバコ」です。電子タバコの中にはニコチンが入っていないものもありますが、アイコスはタバコ葉を原料としているのでしっかりとした吸い応えがあります。

節煙や禁煙を考える方はもちろん、紙巻タバコよりも周囲への影響が少ないタバコを吸ってみたい方におすすめの喫煙具といえるでしょう。

IQOS(アイコス)の口コミ


家庭での喫煙に身内から文句を言われるようになったのでアイコスを吸うようになりました。最初は胸につかえるような感覚があっていまいちといった感じでしたが、慣れたのか今では普通のタバコのように吸えています。


今までタバコを吸ってきましたがアイコスに変えました。節煙するつもりだったんですが今ではアイコスだけを吸うようになりました。このまま禁煙までいければ万々歳というところです。


メンソール味があると聞いて購入。タバコを吸うのは好きだけど匂いが充満するのはゴメンという私にとってアイコスは良い道具です。仕事をした後の一服は何にも代えがたい瞬間となっています。


興味本位で試しているところです。普通の紙巻タバコも吸いつつ、気分に応じてアイコスも吸っています。やっぱり少し軽い気がするので、あまりタバコの匂いを服につけたくないときに使う感じです。


昔からタバコに興味はあったのですが、部屋に匂いがつくと思って敬遠していました。アイコスが発売されたのを機に始めてみたのですが味わい深くて良いですね。出かけるときには手放せません。

IQOS(アイコス)の特徴(煙の量・におい・使用感など)

アイコスは紙巻タバコと比較すると格段に煙の量が少ないという特徴をもっています。なぜ煙の量が少ないのかと言うと、紙巻タバコと異なりタバコ葉を燃やしていないからです。

何とアイコスの煙は水蒸気となっています。

タバコ葉を暖め、そこから出てくる水蒸気を吸うというのがアイコスの仕組み。そのため煙の量も少なければにおいも少ないのです。

紙巻タバコではタバコ葉を燃やすわけですから、これらの要素はどうしても抑えることができませんでした。

また、有害物質も紙巻タバコより少なくなり9割削減したという発表もされています。タバコというとその有害性が気になりますが、アイコスならその心配はある程度ひくくなると考えて良いでしょう。

安全に周囲へ迷惑をかけずに喫煙を楽しめるのがアイコスなのです。

使用感としては葉を暖めるためのバッテリーを充電しなくてはならないなど、少し紙巻タバコよりも利便性に劣ります。

ですがこれは寝る前にでも充電しておけば良いので、習慣としておけば良いだけの話。使い始めたときには面倒に感じることでもそのうち慣れて使いやすくなるはずです。

IQOS(アイコス)と他の電子タバコの違いについて

アイコスは電気の力を利用した電子タバコの一種です。

またアイコス以外にも様々な電子タバコが販売されているので、その違いを明確にしておきましょう。

電子タバコは大別して「ベープ系」と「加熱式」に分けることができます。ベープ系というのはリキッドという液体を電気の力で蒸発させそれを吸うというもので、基本的にニコチンは含まれていません。

日本国内ではニコチンは毒物に指定されているためニコチン入りのリキッドは個人輸入などでしか手に入らないのです。

リキッドには様々な香りがつけられており、タバコよりも豊かなアロマの世界を楽しむことができます。

アイコスは加熱式タバコに分類されます。

加熱式タバコには他にもグローやプルームテックというものがあり、これらの原料は全てタバコ葉。実際のタバコを使っているわけですからタバコの匂いがしますし、ニコチンとタールも含まれています。

ベープ系と加熱式タバコを分ける最大のポイントはやはり「吸い心地」でしょう。ニコチン由来のガツンとくる吸い心地は加熱式たばこでしか味わえません。

そのため喫煙者の方はベープ系よりも加熱式の方がしっくりくるはずです。

IQOS(アイコス)はどういう人にオススメ?

アイコスは元々タバコを吸っていた方におすすめです。いわば紙巻タバコの代用品として使うと良いでしょう。

冒頭でも述べたように近年ではタバコへの世間の風当たりは強く、ひどいときには喫煙して良い場所でも注意されたりするほど。

そうしたケースではもちろん喫煙者側には非はないのですが、とにかくタバコがまずく感じるでしょう。非難されながら一服しようとしても気持ちは穏やかではありません。

ですがアイコスなら非難されるほどの匂いは出ませんし、目に見えて確認できるほどの煙も出しません。つまるところ非難の的になりにくいというわけです。

日頃、喫煙者として肩身の狭い思いをしている方が落ち着いて一服できるのがアイコスといえるでしょう。

IQOS(アイコス)の使い方について

アイコスは「チャージャー・ホルダー・ヒートスティック」という構成になっています。

チャージャーは充電器でホルダーは吸うために使う道具、そしてヒートスティックはアイコス専用のタバコです。

具体的にはまずチャージャーを充電しておきます。そしてそこにホルダーを差し込むと数分でホルダーは充電でき、喫煙できる状態になるのです。

そしてホルダーにヒートスティックを差込み、電源ボタンを長押ししたらライトが点滅し過熱が始まります。

ライトが点滅状態から点灯状態になったら吸えるようになります。喫煙できる回数は14回ないし5分程度と十分な回数と長さなので困ることはないでしょう。

喫煙時間の終了間近になるとライトが赤くなるので止め時が分かる形になっています。

吸殻は当然の事ですが燃やしているわけではないのでそのままゴミ箱に捨てることが可能です。寝タバコによる火災の危険性が無いというのは喫煙者にとってありがたいところ。ただ不安なら灰皿に捨てた方が精神的に落ち着くかもしれません。

IQOS(アイコス)の料金について

アイコスは道具一式を揃えると1万円近くします。実際の値段としてはセットになったものが9,800円や10,980円といった価格設定で販売されている形です。

また時期によっては10%オフや17%オフといった割引を行っている場合もあります。

チャージャーのみの場合は5,950円ないし6,120円といったところ。ホルダー単品では3,659円や3,800円となります。なおヒートスティックのカートリッジは20本入りで460円です。

味はレギュラー3種とメンソール系3種で、全て同じ価格。

ブランド的な戦略も行っていて限定カラーのものは20,000円で取引されているものもあるほど。他にもアイコス本体のケースやヒートスティックを入れるためのケースなどの付属品も販売されている状況です。

IQOS(アイコス)を使う際の注意点

アイコスは匂いが抑えられるといってもアイコス独特があります。そのためタバコ臭が敬遠される場所で吸わない方が無難です。

タバコの匂いは本人にとっては自覚しにくいものなので気をつけておきましょう。

また喫煙する場所はやはり喫煙所が望ましいです。加熱式タバコは量が少ないといってもきちんとニコチンとタールを発生させてしまうため、喫煙所で吸わなければなりません。

分かり難いからといってどこでも吸って良いわけではないのです。

ただマナーを守りさえすれば快適にアイコスライフを送ることができるでしょう。単に注意するべきところを注意しておけば良いだけの話なのです。

IQOS(アイコス)の総合評価

アイコスはタバコの代替品として優秀です。特に紙巻タバコと比較して有害物質のほとんどをカットしている点や、周囲への影響が少ないという点は大きく評価できるところ。

タバコの害に注目が集まるなかで登場するべくして登場した製品といえるでしょう。

チャージャーとホルダーを含めた本体の値段はやや割高ですが、それらは1回手に入れてしまえば使いまわせます。ヒートスティックの値段は紙巻タバコと比べてもそれほど変わりません。

初期費用に少し費用がかかるという点は抑えておいた方が良いでしょう。害が少ないタバコを1万円ほど初期投資して楽しむ事ができる、というのがアイコスの総合評価となります。

電子タバコ おすすめ ランキング

関連記事

EFOS(イーフォス)

EFOS(イーフォス)の口コミ・評判!吸い方や料金・注意点などは?

iSMOKE(アイスモーク)

iSMOKE(アイスモーク) 口コミ評判・特徴・匂い・料金

Ace(エース)

加熱式タバコ『Ace(エース)』 口コミ評判|使用感・料金・メンテナンス方法など

glo(グロー)

glo(グロー)の口コミ評判・使用感・料金・吸い方について

Ploom-TECH(プルームテック)

Ploom TECH(プルームテック)の口コミ|特徴(使用感・匂い・吸い方など)