DR.VAPE(ドクターベイプ) 口コミ評価|料金は?コスパは良いの?

DR.VAPE(ドクターベイプ)

右も左も「禁煙」、「禁煙」、喫煙者にとって実に肩身の狭い時代になってしまいました。

たばこ税も今後恐らく1000円を超えることも予測され、外で喫煙できる機会は確実に難しくなるので、禁煙を考える人も多いのではないでしょうか。

しかし、いきなりタバコを辞めるのは非常に難しいのも現実です。例えば、ニコチンパッチ等や禁煙外来等を利用して辞めたとしても、ルーティーンとしてのタバコを吸う行為は抜けない場合も多いので、結局辞められなかった人もいるのです。

そんな人にお薦めできるのが、ニコチン・タールが一切使われていない電子タバコの「DR.VAPE(ドクターベイプ)」です。

DR.VAPE(ドクターベイプ)の口コミ


普段メンソールタバコをを吸っていたので、メンソールにしてみました。タバコよりもメンソール感が強いのがお気に入りで、クセもなく吸いやすいです。また、アップルフレーバーも試したのですが、非常にフルーティーな味が楽しめ食後の口直しとしてもいいと思います。

禁煙目的で購入しました。大きさはタバコよりも一回り大きい感じですが、本体や充電器、ケース等を含めても嵩張らないので、外出時邪魔になることもありません。ただ、フレーバーカートリッジのやや硬く違和感を感じます。吸いごたえはまあまあですが、咥えた時の違和感が気になるのは残念です。

IQOSやプルームテックなどの独特のマイナス面が無いので非常に吸いやすい。また、最初はタバコフレーバーだけを吸っていましたが、試しに他のフレーバーも試してみたが、どれも吸いやすくむしろフルーツ系や清涼系が気に入ったので、意外と早くタバコが辞められそうです。

禁煙グッズとして購入しましたが、完全に失敗しました。タバコフレーバーを試してみたのですが、吸いやすさ・吸いごたえは感じるものの、タバコ特有のパンチがないのでやはり物足りなさを感じてしまいます。普段きついタバコを吸っているのも影響しているかも知れませんが、禁煙目的ならニコチンパッチの方が良さそうです。

味や吸いごたえは十分ですが、スターターキット及びカートリッジが高すぎる感じがします。普通のタバコと併用して節煙しようと思いましたが、コスト面から考えるとあまり向いていないように感じています。

DR.VAPE(ドクターベイプ)の特徴(煙の量・におい・使用感など)

DR.VAPE(ドクターベイプ)は、VAPE(ベイプ、電子タバコの事を指す)の一種で、アイコスやグローと言った加熱式タバコとは異なります。

事実、加熱式タバコが葉たばこを使用するのに対し、DR.VAPE(ドクターベイプ)は香料を含んだリキッドを蒸発させ、擬似的にタバコの様な煙を発生させる機器です。

こういったリキッドには、ニコチン入りのものもあるのですが、国内ではそれらを販売・譲渡することが薬機法により禁止されているので、事実上DR.VAPE(ドクターベイプ)は禁煙グッズとして販売されています。

しかし、ニコチンを含まないリキッドとなると、禁煙のサポートグッズとしては、使用感からして少々懐疑的に思う人が多いと思うます。

そこで、DR.VAPE(ドクターベイプ)の煙の量・におい・使用感等を紹介したいと思います。

味・吸いごたえ共にGOOD!

タバコをスムーズに辞めるのであれば、味や吸いごたえは欠かせない要素だといます。肝心の味の方ですが、口コミの多くがフレーバー(リキッドの味)を評価しています。

特に、味が濃くアイコス等の様に変にクセが無いことが評価されている様です。こういった高評価の要因になているのが、リキッドの種類の多さだと言えます。

タバコ味は勿論、メンソールやフルーツ風味のものもあるので、自分好みのフレーバー見つけることが可能です。

また、DR.VAPE(ドクターベイプ)はリキッドを水蒸気に替えて吸い込むのですが、水蒸気量が十分あるばかりでなく、タバコを吸った時の様な吸いごたえ(電子タバコではキックと言われる)が得られるので、本当にタバコを吸っているような感覚を味わうことが出来ます。

加熱式タバコのような臭いは一切なし

タバコから加熱式タバコへ移行した人の中には、独特な臭いがキツすぎてまたタバコに戻した人がいます。

当然ながら、加熱式タバコは葉たばこを使用しているので、どの様な使用の仕方をしても避けられない問題だと言えます。

一方、電子タバコの場合、こういった臭いの原因となる成分が含まれないので、どの様なシーンでも気兼ねなく吸うことが出来ます。

また、DR.VAPE(ドクターベイプ)を使用した後の臭いケアや灰や吸い殻もないので、後処理が不要なのも大きなメリットと言えるでしょう。

面倒な操作は不要

DR.VAPE(ドクターベイプ)は電子タバコ「機器」でありながら、ほぼタバコと同じ様に使用することが出来ます。

何故ならば、その他の電子タバコでは操作ボタンがあるのですが、DR.VAPE(ドクターベイプ)そういったボタンの類が一切なく、タバコと同じ様に吸い込むだけでフレーバーを吸い込むことが出来るからです。

また、リキッド一本で500回程度連続して使用することが出来るので、嵩張ら無いのもメリットと言えるでしょう。

なお、DR.VAPE(ドクターベイプ)は充電式になっているのですが、USBアダプタで充電可能で、1回の充電で約350回吸引出来るので、しっかりと充電を行っていれば外出時に困ることもありません。

DR.VAPE(ドクターベイプ)と他の電子タバコの違いについて

DR.VAPE(ドクターベイプ)と他の電子タバコの最大の違いは、ボタンの一切ない簡単な操作感にあります。

ただ吸うだけでフレーバーを吸い込む事が可能なので、普通のタバコと同じ様な感覚で使用することが出来ます。

また、他の電子タバコでは味わえなほどの確かな吸いごたえとキック感(リキッドによって異なる)が味わえるので、タバコからの無理のない乗り換えが可能なのも魅力と言えます。

なお、フレバーはタバコ系(タバコ、メンソールタバコなど)をはじめ、フルーツ系(オレンジ、レモン、メロンなど)、デザート系(チョコ、バニラ、クリームなど)、飲料系(コーヒー、コーラ、レッドブルなど)、清涼系(メンソール、ミント、ハーブなど)など豊富な種類が取り揃えられているので、自分好みの味を追求でき、飽きのこないスモークタイムを満喫出来るでしょう。

DR.VAPE(ドクターベイプ)はどういう人にオススメ?

DR.VAPE(ドクターベイプ)をお薦めできるのは、ズバリ「全てのタバコを辞めたいと考えている人」です。辞めたい理由には様々あると思いますが、DR.VAPE(ドクターベイプ)は以下の様な人には特にお薦めです。

電子タバコに満足出来なかった人

タバコを辞める為に電子タバコを使用した人の多くは、味に満足できずに電子タバコの使用を断念しています。

しかし、DR.VAPE(ドクターベイプ)はニコチン・タールを一切使用していないにも係わらず、タバコ同様の味を楽しむことをコンセプトに開発されいるので、無理なく移行できる電子タバコです。

事実、禁煙グッズとして非常に人気が高く、楽天市場ではランキング1位に輝いているのです。

健康を気にしている方

当然ですが、DR.VAPE(ドクターベイプ)はニコチン・タールを一切使用していないので、健康を気にしている人にもお薦めできます。

ニコチン中毒からも開放されるので、イライラする事も減るでしょう。

経済的にタバコを辞めたい人

DR.VAPE(ドクターベイプ)を始めるにあたっては、スターターキット等の購入が必要で、他の電子タバコや加熱式タバコに比べて高額になるのですが、一回の使用回数が多いことと(リキッド一本で約500回)、タバコのような味・吸いごたえがあるので、トータルで考えるとコストパフォマンス優れています。

DR.VAPE(ドクターベイプ)の使い方について

DR.VAPE(ドクターベイプ)の使い方非常に簡単なので、購入して直ぐに吸うことが出来ます。まず、フレーバーカートリッジに付いてるキャップを外し本体取り付ければそれで準備完了です。

後はそのままタバコの様に吸い込むだけでフレーバーを楽しめるので、小難しい操作を覚える必要もありません。

フレーバーカートリッジの交換は500回程度の使用で交換時期になりますが、味や水蒸気の量が減れば、換え時と考えて差し支えありません。

また、本体は充電式なので充電を行う必要がありますが、USB端子で充電可能(およそ2.5時間で充電完了)で、1回の充電で約350回吸引出来るので、充電さえ完了していれば出先でも困ることはありません。

DR.VAPE(ドクターベイプ)の料金について

DR.VAPE(ドクターベイプ)を始めるには、スターターキットの購入が必要です。公式サイトではスターターキット8,500円、カートリッジ2,400円となっています。

しかし、楽天やAmazonでも購入可能で、スターターキットに関してはそちらで買うほうが安価に購入することが出来ます。

しかしながら、公式サイトのプレミアムプラン(定期便)で買うのが最もお得になっており、それぞれスターターキット6,500円、カートリッジ2,000円で購入できるだけでなく、契約中は故障時の無料修理保証が永年でついてくるので、初心者にはお薦めできます。

勿論、定期便は随時中止出来るので気軽に始めることが出来ます。

DR.VAPE(ドクターベイプ)を使う際の注意点

タバコを辞める禁煙グッズとして優秀なDR.VAPE(ドクターベイプ)ですが、メンテナンス(吸口であるフレーバーカートリッジ等)は欠かすことは出来ません。

水やお湯でもメンテナンスは可能ですが、衛生面を考えると無水エタノール等で行うほうが無難です。また、DR.VAPE(ドクターベイプ)は加熱する部分を有しているので、安全面でも見ても無水エタノールの方が安心できます。

また、DR.VAPE(ドクターベイプ)に用いられるリキッドは食品等にも用いられるもので、大量摂取しなければ人体への影響も殆どありませんが、今後新たに危険性が指摘される可能性は否定出来ないので、どうしても自己責任で使用する面は拭えないでしょう。

DR.VAPE(ドクターベイプ)の総合評価

段階的にタバコを辞めたいのであれば、DR.VAPE(ドクターベイプ)は禁煙グッズとして優秀だと言えます。

特に、グリセリンなどを水蒸気化にする加熱式タバコを現在吸っているひとならば、機器の構造・味の面から見ても似ているので、スムーズに移行できるはずです。

様々な味があり、追求する面白さもあるので、一つのガジェットとても楽しめると思います。

電子タバコ おすすめ ランキング

関連記事

Frienbr-CLOUD17(フレンバー・クラウド17)

Frienbr CLOUD17(フレンバー・クラウド17)の口コミ評判|料金・使...

C-Tec-Duo(シーテック・デュオ)

C-Tec Duo(シーテック・デュオ)の口コミ|評判・吸い方・料金など