電子タバコは「肺に入れて吸う」、「ふかす」どちらが正解?

電子タバコを吸う際に発生する煙、肺まで吸い込むか、ふかすに留めるか、吸い方としてどちらが正しいか考えた事はありますか?

実際のところ電子タバコを吸う目的によって違いが生まれるので、どちらも正解であり、一方が間違っているという事はありません。

しかし目的・楽しみ方に沿った吸い方をする事で意味が変わるので、自分が何のために電子タバコを吸っているのかに合わせて考えましょう。

紙巻タバコと比較した際、電子タバコにはメリットとデメリットの両方があります。

目的に合わせて肺まで吸い込むか、ふかすに留めるかを決める事で、電子タバコの持つメリットがより鮮明になります。

電子タバコに物足りなさを感じている喫煙者ほど、正解となる吸い方を覚えておくと味わいに変化を感じられるでしょう。

電子タバコの煙を肺まで入れて吸った方がいい人とは?

電子タバコの煙を肺まで入れて吸った方がいいと言えるのは、より強いタバコ感を求めている人です。

紙巻タバコと比較した際の弱点として、電子タバコは吸い口が軽くいくら吸っても満足感を得にくいという点があげられます。

禁煙するとイライラしてしまうから電子タバコに変えたけど、満足できずに結局紙巻タバコに戻してしまったという人にこのパターンが多いです。

一般的に電子タバコは受動喫煙対策として煙の排出量が少な目になっているので、タバコ感を得たければより強く吸わなくてはいけません。

自分では肺まで届くほどしっかり吸っているつもりでも、紙巻タバコと同じ感覚で吸っていると全然足りない事があります。

だからと言ってあまり強く吸い過ぎるのは健康リスクが気になるところですが、電子タバコは紙巻タバコと比べ体への悪影響は少ないと考えられています。

電子タバコの煙による健康リスクが少ないと考えられている理由

日本で発売されている電子タバコにはタール・ニコチンが含まれていません。

リキッドと呼ばれる液体を加熱して、発生した水蒸気を煙として吸い込むのが電子タバコの仕組みです。だからこそ軽く吸うだけではタバコ感が足りないという事になるのですが、健康面への影響が少ないのは見逃せません。

ここで注意しなくてはいけないのは、タール・ニコチンが含まれていないのは日本製の電子タバコに限るという点です。

海外産の電子タバコの中にはタール・ニコチンを含む種類もあるので気を付けましょう。

その点日本製ならタール・ニコチンが含まれている事はないので、紙巻タバコよりも健康リスクは少ないと考えられています。

肺まで煙を吸い込むと実は経済的

電子タバコには燃え尽きたら終わりというような、吸い終わりのタイミングがありません。自分で満足するまで吸ったら続きは後でという事になるので、極端に言えばリキッドの残量がある限り際限なく吸えてしまいます。

タバコ感に満足できなければ延々と吸い続ける事になり、短い期間で吸いきってしまうので経済的でもありません。

そこでしっかり肺まで煙を届ける事で満足感を得て、適度なタイミングで吸い終えられるようにする事が大事になってきます。

紙巻タバコに比べて経済的と言われる電子タバコですが、量が過ぎればそうとも言い切れません。お金だけ払ってイライラを募らせる事がないよう意識しておきましょう。

電子タバコの煙をふかすに留めた方がいい人とは?

肺まで煙を吸い込まなくても満足できる、タバコ感は十分と思えるならふかすに留めた方がいいでしょう。ふかすに留めて煙を口の中でしっかり味わうと、紙巻タバコにはない電子タバコならではの面白さを感じる事ができます。

タバコ葉を燃やした際に発生するいわゆるタバコ味とは違う、独特の味付けがされた香りを楽しむ事こそ電子タバコを吸う醍醐味の一つです。

定番とも言える柑橘系の香り以外にも、チョコレートやミルクなど過去には考えられなかった風味を楽しめます。

その香りの付いた煙は一気に肺に入れるよりも、口内でふかした方がより鮮明に感じられます。

リキッドは自分でオリジナル調合をする事もできるので、味わうよりも楽しみたい人向けなのが『ふかす』吸い方と言えるでしょう。

いずれは禁煙したい人もふかす吸い方がオススメ

いずれ禁煙をしたいと考えて、紙巻タバコからとりあえず電子タバコに変えたという人もふかす吸い方の方が合っています。

肺まで入れずにふかすと当然タバコを吸っている感じは薄れますが、それでもタバコ感が全くの0になるわけではない点に注目です。

徐々に薄いタバコ感でも満足できるようになり、禁煙までの移行が楽に感じられます。また、いろいろな香りを楽しむ事でタバコ変わりのガムでも満足できるようになりやすいです。

初めは苦労する事も多いですが、いずれ禁煙したいと考えている人は、まずはふかす吸い方から始めるといいでしょう。

電子タバコの煙をふかす際の注意点

発生した煙の大部分を吸い込まずに外へ吐き出すので、周りに人がいる状況では気を使うようにしましょう。

いくら電子タバコの煙が少な目と言っても、思い切り吸い込んでそのまま吐き出せば副流煙もそれなりの量になります。

タバコを吸わない人から見れば、電子タバコも紙巻タバコも一緒なので、喫煙者としてマナーを忘れない心がけは大切です。

煙を肺まで入れるとふかすに留める、両方を楽しんでも正解?

目的や楽しみ方に合わせて煙の吸い方に正解はありますが、どちらか一方の吸い方が不正解という事はありません。

普段は思い切り肺まで吸い込んでいるけど、たまにはゆっくり香りを味わいたいからふかすだけにするという楽しみ方もOKです。

電子タバコの良いところは状況に合わせて吸い方を変えられる点にあるので、ただ吸うだけでなく趣味の一つとしても楽しめます。

種類によって異なりますがほとんどの電子タバコは一度本体を購入すれば、後はリキッドを交換するだけでいろいろな味が試せます。

肺までしっかり吸い込むタバコ味、ふかして香りを楽しみたいときにはライム味など、フレーバーによって吸い方を変えるのも面白いでしょう。

気分やシーンに合わせて異なる吸い方が出来る事こそ、電子タバコを選ぶ最大のメリットです。

電子タバコを購入する際によくある間違い

健康のためタール・ニコチンの含まれていない電子タバコを買おうとして、間違って加熱式タバコを買ってしまう人がいます。

加熱式タバコにはタール・ニコチンが含まれる種類もあるため、肺まで吸い込んでしまったら紙巻タバコと変わりません。

もちろん含有量に違いがあるので完全に同一ではありませんが、完全に0にしたいなら電子タバコを購入するようにしましょう。

加熱式タバコはタバコ葉を加熱して煙を吸うので、リキッドタイプの電子タバコに比べて、フレーバーの種類も豊富ではありません。

肺まで煙を吸い込む気がない、ふかして香りを楽しみたいだけの人も、いろいろな香りを試せる電子タバコの方が使用に向いています。

電子タバコと加熱式タバコの違い、電子タバコの種類に関してはトップページで詳しくまとめていますので、是非参考にしてください。

電子タバコと加熱式タバコの違い>>

電子タバコの煙は無害?

タール・ニコチンが入っていないという意味では無害と考えられていますが、現段階ではそうとも断定できません。

電子タバコ業界は発展途上のため、成分に関しての研究がまだ完全ではなく、健康リスクにおいても不透明な部分があります。

肺まで煙を吸い込むか口の中でふかすに留めるか、どちらにしても無害と保証されているわけではないので、吸い過ぎには注意しましょう。

逆に健康の事は気にならないから、タール・ニコチン入りの電子タバコが欲しいという場合は海外からの輸入になります。

しかし個人で行う事になり手間や費用がバカにならないため、しっかりタバコ感を味わいたい人にもあまり推奨はできません。

電子タバコ おすすめ ランキング

関連記事

NO IMAGE

電子タバコが充電できない時のチェックポイント

NO IMAGE

アトマイザーとは?アトマイザーのオススメの選び方

NO IMAGE

電子タバコは禁煙席で吸ってもOKなのか?

NO IMAGE

ヴェポライザーとは?電子タバコ・加熱式タバコとの違い

NO IMAGE

リキッド式電子タバコVAPEの掃除・メンテナンスの方法

NO IMAGE

爆煙を体験したい方へ!電子タバコとオーム(抵抗値)の関係性と注意点

NO IMAGE

ベイプトリックとは?やり方・技の種類について

NO IMAGE

リキッドとは?リキッドのオススメの選び方