ヴェポライザーとは?電子タバコ・加熱式タバコとの違い

紙のタバコの増税に伴い注目度を増しているヴェポライザー。

でもヴェポライザーと加熱式タバコ、あるいはヴェポライザーとヴェイプなどの電子タバコの違いについてはいまいちわかっていないという方が多いでしょう。

もしヴェポライザーを使いたいと思っているのであれば、やっぱりその違いについてはしっかりと認識したうえで使った方が良いですよね。

そこでここでは、ヴェポライザーとはどんなものなのか、加熱式タバコや電子タバコとはどう違うのかということについてみていきます。

それを把握したうえで、自分にはどれが合っているのか検討してみてください。

ヴェポライザーの特徴

まずはヴェポライザーとはどんなものなのか、その特徴についてみていきましょう。

ヴェポライザーの特徴は、一般的な紙のタバコから乗り換えてきやすいというところにあると言えます。

紙のタバコから電子タバコ等に乗り換えた時に一番感じるのは、物足りなさでしょう。その物足りなさが原因で電子タバコをやめてしまうという方も少なくはありません。

しかしヴェポライザーでは、その物足りなさを感じることはそこまでないんです。だから今までは紙のタバコ一筋だったという方でも比較的に乗り換えやすい。

では、なぜヴェポライザーでは物足りなさをそこまで感じないのでしょうか。

ヴェポライザーにはニコチンが含まれている

その理由は、ニコチンにあります。紙のタバコには当然ニコチンが含まれていますが、電子タバコには本来ニコチンは含まれていません。

というのも日本では、電子タバコで使用するリキッドに対してニコチンを含むことを禁止しているんです。

海外からリキッドを輸入して電子タバコを使用すれば、ニコチンが含まれていることもありますが、一般的には電子タバコにはニコチンが含まれていない。

だから紙のタバコを吸ってきた人からしてみれば、吸い心地的に物足りなく感じることがあるんです。でもヴェポライザーにはニコチンが含まれている。

だからその分だけ吸い心地という面で物足りなく感じることがなくなるんです。

もちろん紙のタバコと比べると物足りなさはありますが、それでもその差はそこまで電子タバコほどは大きくありません。

タバコの葉を加熱して煙を吸う

なぜヴェポライザーにはニコチンが含まれているのか。

それは、ヴェポライザーの仕組みを考えればわかります。ヴェポライザーは、タバコの葉を加熱して煙を出すという仕組みになっています。

つまり基本的には加熱式タバコと似たようなものとなるんです。タバコの葉を加熱しているわけなのですから、当然そこから出る煙にはニコチンが含まれることになる。

こうしてヴェポライザーではニコチンの影響を受けることになるんです。

加熱式タバコとは何が違うのか

仕組みとしては加熱式タバコと同じようなものだと言えるヴェポライザー。

ではそんなヴェポライザーと加熱式タバコは何が違うのでしょうか。その違いがあまりないのであれば、別に加熱式タバコでいいやとなりますよね。

加熱式タバコの場合には、日本でも使用している人がすごくたくさんいますから、何かトラブルで困ったりした時や、充電が切れた時などに助かりやすいです。

それでもあえてヴェポライザーを使うとなれば、やはりそこには明確な違いが必要になり、それがメリットであることを求められます。でもその点は安心です。

実際ヴェポライザーには加熱式タバコとは違う、ヴェポライザーならではのメリットがあるんです。

吸いすぎないでいられるのがヴェポライザー

ヴェポライザーは、吸いすぎることのないタバコだと言えます。

というのも、ヴェポライザーを吸う際には、いちいち自分でジャグという煙の元となるものを詰めて、それから吸わないといけないんです。

それに対してアイコスのような加熱式タバコの場合には、ヒートスティックというタバコのようなものを差すだけ。

確かにどちらも何もせずに吸い始められるわけではありません。でもその手間のかかり具合は明らかにアイコスの方が少ないです。

ということは、アイコスは比較的にいつでも気楽に吸えるということになりますよね。

それに対してヴェポライザーでは、いちいち手間がかかるので、あまり頻繁には吸わなくなります。

そうして、健康被害を抑えていくことができるようになることが考えられるんです。これはヴェポライザーならではのメリットでしょう。

自分で詰めるからコストも削減できる

ヴェポライザーの中身は自分で詰めていく。それはつまり、詰める量も自分で調整ができるということですよね。

だから、あまり詰めないようにすることも可能になります。あまり詰めないということは、それだけコストを抑えることができるということ。

もちろんその分物足りなくなることはありますが、それでも多少少なくするくらいであれば、そこまで気になることではありません。

それに対してアイコスのような加熱式タバコの場合、調節することはできません。つまり一定のコストが一定のペースでかかり続ける。

結果、コスパが良くなるのはヴェポライザーの方になるんです。

ニコチンの有無以外の電子タバコとの違い

加熱式タバコとはこのように似て非なるものでした。では電子タバコとの違いは、ニコチンの有無以外にはないのでしょうか。そんなことはありません。

あまり似ていないヴェポライザーと電子タバコには、まだまだたくさん違いがあります。

たとえば、電子タバコはリキッドを加熱するものなので、リキッド自体に味や香りをつければその風味を味わうことができる。

それ他に対してヴェポライザーは基本タバコの葉を燃やすわけですから、そうした香りや風味をつけるのが苦手。なのであまりそれを楽しむことはできません。

その違いは一つの大きな違いでしょう。

煙の量はヴェポライザーの方が少ない

リキッドタイプの電子タバコは、煙の量をすごく多くすることができます。それに対してヴェポライザーはそうではありません。

ヴェポライザーの場合には、基本的にはそこまでたくさんの煙は出ないんです。だから、トリックを楽しんだりすることはしづらい。

本当に普通のタバコのように、そのタバコの味や吸い心地を楽しむようなものになるんです。

ただ煙がそこまで出ないということは、人前でも比較的に吸いやすいということにもなりますので、それはメリットといえばメリットになるでしょう。

臭いなどはヴェポライザーの方が強い

タバコの葉を加熱して煙を出しているわけですし、そこにニコチンも含まれていたりするわけですから、少なくとも電子タバコと比べるとヴェポライザーの方が煙の臭いなどは強くなります。

もちろんどちらも一般的な紙のタバコと比べると臭いは少ないです。何かを燃やしているわけではありませんから。

でも、やはり電子タバコと比べるとヴェポライザーの方が臭いと思われることは多いです。

もっとも電子タバコは電子タバコで独特な臭いがすることもありますから、その香りが苦手だという人も少なからずいるものです。

でも、一般的にはタバコ感のある香りの方が嫌がられることは多い。ということはやはり、ヴェポライザーの方がやや苦手に感じる人が多いということになりますね。

ただその臭いも、アイコス等よりはましだといわれます。それはやはり、加熱式タバコと比べると加熱温度がそこまで高くはないからです。

加熱式タバコと電子タバコの違いについては、トップページで詳しくまとめていますので是非そちらを参考にしてください。

加熱式タバコと電子タバコの違い>>

電子タバコ おすすめ ランキング

関連記事

NO IMAGE

電子タバコが充電できない時のチェックポイント

NO IMAGE

ベイプトリックとは?やり方・技の種類について

NO IMAGE

電子タバコは「肺に入れて吸う」、「ふかす」どちらが正解?

【タバコ値上げ】10月1日から増税する銘柄一覧表|電子タバコ・加熱式タバコも対象...

NO IMAGE

アトマイザーとは?アトマイザーのオススメの選び方

NO IMAGE

タバコを吸うことで心配される健康への様々な害

NO IMAGE

禁煙することで得られる効果・メリットとは?様々な禁煙方法

NO IMAGE

電子タバコが国によって違法になるのはなぜ?タイは危険!日本の規制は?

NO IMAGE

電子タバコを未成年が吸ったらダメな理由

NO IMAGE

電子タバコは禁煙席で吸ってもOKなのか?