【タバコ値上げ】10月1日から増税する銘柄一覧表|電子タバコ・加熱式タバコも対象?

タバコは、他の商品に比べると割と短いスパンで増税されますよね。

これを機に禁煙する人、本数を減らす人もいると思います。最近では、電子タバコに切り替える人も多いかもしれません。

こちらの記事では、2018年10月1日から施行されるタバコの値上げについて色々な角度から解説したいと思います。

タバコの値上げ期間はいつからいつまで?

タバコの値上げ期間はいつからいつまで?今回のタバコの値上げは、段階的に行われます。2018年10月はそれの一段階目ということになります。

日付 1本当たりの増税額 1箱(20本入)当たりの増税額
2018年10月 1円 20円
2020年10月 1円 20円
2021年10月 1円 20円

2019年に値上がりがないのは、2019年10月に消費税が8%から10%に引き上げるためです。

20円以上値上がりしているのはなぜ?

「20円の増税と発表しているのに、何でいきなり40円近く上がっているの?」

こう思う人もいると思います。

タバコの増税は国が企業に対して行うものです。企業は、増税によるタバコ需要の減少などを危惧して増税額以上の価格で販売せざるを得ません。

この値上げは企業側のことを考えると仕方ありません。

今回の値上げは紙巻きタバコだけ?電子タバコ・加熱式タバコはどうなる?

今回の値上げは紙巻きタバコだけ?電子タバコ・加熱式タバコはどうなる?結論から言うと、今回の値上げは紙巻きタバコ、加熱式タバコが対象となります。

電子タバコは、そもそもニコチンやタールが含まれていないリキッドを吸うため増税対象外です。

電子タバコと加熱式タバコの違いはこちら>>

なぜ加熱式タバコも値上がりするのか?

加熱式タバコが値上がりするという発表は結構な話題になりました。そりゃ賛否両論ありますよね。

先ほど、2018年~2021年にかけて紙巻きたばこが増税するというのはお伝えしましたが、加熱式タバコの場合は2022年まで増税が続きます。

タバコ増税_紙巻きたばこと加熱式タバコ比較出典:「アイコス値上げ」段階的タバコ増税は逆効果か – Yahoo!ニュース

更に紙巻きタバコが3段階なのに対して、加熱式タバコは5段階です。

増税が嫌で紙巻きたばこから加熱式タバコにかえた方にとっては頭を抱える問題ですね。

タバコ値上がり銘柄一覧表(値上げ幅が高い順)

タバコ値上がり銘柄一覧表(値上げ幅が高い順)値上がり対象となっているタバコ銘柄の一覧表です。値上げ幅が40円以上の銘柄に関しては赤字で書いています。

JTの銘柄(メビウス・セブンスター・アメスピなど)

銘柄 現在の価格 2018年10月1日以降の価格 値上げ幅
メビウス 440円 480円 40円
セブンスター 460円 500円 40円
アメスピ 480円 520円 40円
キャスター 420円 450円 30円
キャビン 420円 450円 30円
ピアニッシモ 450円 480円 30円
ハイライト 420円 450円 30円
プルームテック(加熱式) 460円 490円 30円
キャメル 380円 400円 20円
ピース(10本入) 230円 250円 20円
ホープ(10本入) 230円 250円 20円

フィリップモリスの銘柄(マルボロ・ラーク・パーラメントなど)

銘柄 現在の価格 2018年10月1日以降の価格 値上げ幅
マルボロ 470円 510円 40円
パーラメント 450円 490円 40円
ラーク 420円 450円 30円
バージニア・エス 450円 480円 30円

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)の銘柄(ラッキーストライク・ケント・クールなど)

銘柄 現在の価格 2018年10月1日以降の価格 値上げ幅
ラッキーストライク 460円 500円 40円
ポールモール 400円 440円 40円
ダンヒル 460円 500円 40円
JPS 420円 460円 40円
グロー(加熱式) 450円 490円 40円
クール 450円 480円 30円
ケント 420円 450円 30円
ヴォーグ 420円 450円 30円

紙巻きタバコから電子タバコへ切り替えるのも有り

紙巻きタバコから電子タバコへ切り替えるのも有り2018年9月時点のタバコ1箱当たりにかかる税金は277.47円(1箱440円の場合)です。実に、約63%が税金なんですね。

紙巻きたばこは、今後も増税が続いていくと思います。過去にはタバコ1箱を1,000円にするという話もありました。


将来のことを考えると、今のうちに電子タバコに切り替えておくのも良いかもしれません。

「ニコチン・タールが入っていないから吸った気にならないだろ」と考える方がいるかもしれませんが、煙の量が多く、フレーバーも豊富なので案外タバコ感があります。

使い捨てタバコであればビタフル、リキッド式タバコであればスムースビップが初心者の方にはオススメです。

電子タバコは金額もリーズナブルなので、まずは今のタバコと2つ持ちで是非お試しください。

電子タバコ おすすめ ランキング

関連記事

NO IMAGE

タバコを吸うことで心配される健康への様々な害

NO IMAGE

禁煙することで得られる効果・メリットとは?様々な禁煙方法