【2018年版】電子タバコランキング!目的に応じた電子タバコの選び方

電子タバコとは?普通のタバコから電子タバコへ切り替えたいと考えているあなたへ

「タバコを吸いたいけど煙で迷惑がかかるから吸いづらい」
「禁煙したいけど、どうしてもタバコがやめられない」
「ニコチンが入っていないお洒落な電子タバコを吸ってみたい」

このような理由から、最近電子タバコを購入する方が急増しています。街中でも、電子タバコを吸っている人を見ることが増えましたよね。


現在、実に数多くの電子タバコ・加熱式タバコが存在しています。専門用語も多く、初心者にはハードルが高めです。

当サイトでは、その数ある電子タバコの中から人気のものを厳選して、その特徴や魅力、注意点などをお伝えしたいと思います。

「ニコチン入り、ニコチンなし」などの使用目的に応じたランキングも掲載していますので、是非ご覧になってみてください。

\\すぐに商品が見たい方はこちら//
比較表とランキングへジャンプ!!

電子タバコと加熱式タバコの違い

電子タバコと加熱式タバコの違い紙巻きタバコではないタバコは電子タバコと思っている人も多いようですがそうではありません。

「次世代タバコ」とされるタバコには、「電子タバコ」「加熱式タバコ」の2種類があります。

次世代タバコは今人気が過熱しており、様々なメーカーからたくさんの商品が販売されています。

そのためよく理解できていなかったり2つを混同していたりする人もいることでしょう。電子タバコと加熱式タバコの違いを詳しく見ていきましょう。

電子タバコと加熱式タバコの違い

種類 ニコチン タール 有害性
電子タバコ なし※1 なし なし※2
加熱式タバコ あり ほぼなし あり
従来のタバコ あり あり あり

※1_VOLCANOなどの海外の電子タバコは、リキッドにニコチンが含まれている場合があります。
※2_2018年9月時点

電子タバコ(ニコチンなし)

電子タバコ(ニコチンなし)電子タバコは、その名の通り電子型のタバコなのですが、煙ではなく水蒸気を吸い込んで吐き出すタバコです。

従来の紙巻きタバコのように火をつけて発生した煙を吸い込むわけではないため、体に悪い有害物質を発生させないため健康のために期待されているタバコです。


海外で発売されている電子タバコはニコチンを含むものもありますが、日本では法律で規制されているため、日本で発売されている電子タバコにはニコチンが含まれていません。
ニコチンが入っている電子タバコを好む人もいて、個人輸入すると手に入れることができます。

香りを付けた「リキッド」という液体を、吸い込む時に加熱することで水蒸気を発生させ、香りを楽しんだりタバコを吸ったのと同じ動作をすることでタバコの代わりにしたりします。

加熱式タバコ(ニコチン入り)

加熱式タバコ(ニコチン入り)加熱式タバコは、タバコの葉を高温度で加熱して水蒸気を発生させて吸うタイプのタバコです。

従来の紙巻きタバコのように火で燃やさないため、有害物質が劇的にカットされるという面で期待されていますが、タバコの葉を使っているためニコチンやタールなどは0ではありません。


紙巻きタバコが煙が出るのに対し、加熱式タバコは水蒸気のため、吐き出した時の煙の臭いがあまりしません。
まわりへの影響がある副流煙の心配も少なくなります。有名どころでいえば、「IQOS」や「glo」、「EFOS」などがあります。

電子タバコの種類は主に3つ!それぞれの特徴とは?

電子タバコの種類は主に3つ!それぞれの特徴とは?「電子タバコ」にはいくつかの種類があり、「リキッド式電子タバコ」、「カートリッジ式電子タバコ」、「使い捨て電子タバコ」があります。

基本的にはどれもリキッドと言われる液体を加熱することで発生する水蒸気を吸うというのは同じなものの、少し違いがあります。

電子タバコの中でどれがすぐれているとは言い切れません。

フレーバーの味やにおいの好みやタバコの葉を使うかどうか、充電して使うかなど、自分に合ったタイプの電子タバコを選ぶといいでしょう。

種類による違い

種類 充電の必要 部品交換(定期的)
リキッド式 あり あり
カートリッジ式 あり なし
使い捨て なし なし

リキッド式電子タバコ

リキッド式電子タバコリキッド式電子タバコとは、香りづけされたフレーバーといわれるリキッドを加熱して発生した水蒸気を吸い込んで楽しむ電子タバコです。

リキッドがなくなったらリキッドを補充することで繰り返し使うことができます。

リキッドの種類はとても多く、メンソールタイプのものもあればフルーティな香りがするもの、紙巻きたばこのような味がするものなど、愛用者の好みに幅広く対応できるでしょう。

気分によっていくつかのリキッドを楽しむ人もいます。

カートリッジ式電子タバコ

カートリッジ式電子タバコカートリッジ式とは、リキッドが注入されたカートリッジを本体に装着して使うタイプの電子タバコです。

本体は充電式になっており、USBタイプのものはパソコンで充電することができます。本体は壊れない限り何度でも繰り返し使うことが可能です。

カートリッジの中のリキッドがなくなったらカートリッジごと交換して使います。

リキッドがなくなってくると水蒸気の量が減ってきたり、水蒸気は出るものののどが痛くなってきたりします。使った後のカートリッジはそのままごみとして廃棄します。

使い捨て電子タバコ

使い捨て電子タバコ使い式電子タバコは、本体とリキッド部分がひとつになっており、購入して開封したらすぐに使うことができます。

使い捨てタイプの電子タバコなので、水蒸気が出なくなったらそのまま捨てて、新しいものと交換します。

リキッド式電子タバコのようにリキッドの補充がないことと、カートリッジ式電子タバコのように本体を充電する手間がかからないため、手軽に楽しめる電子タバコといえるでしょう。

ビタミンなどが含まれている商品が多いのが特徴です。

電子タバコ・加熱式タバコ比較表とランキング

タブをタップ(クリック)で、比較表をご覧になれます。

比較表の下には、情報を参考にしたランキングを載せていますので是非参考にしてください。

それぞれの違いについてはこちらをご覧ください。

リキッド式電子タバコカートリッジ式電子タバコ使い捨て電子タバコ加熱式電子タバコ
商品名 通常価格 リキッドの数 フル充電/
使用回数
スムースビップSMOOTH VIP
(スムースビップ)
2,950円 7種類 約3時間/
約450回分
プラスビューティー+Beauty
(プラスビューティー)
2,700円 8種類 不明/
約500回分
VP-MagicVP Magic
(ブイピー・マジック)
10,584円 4種類 約3時間/
約300回分
VOLCANOVOLCANO
(ボルケーノ)
3,378円 6種類 約3時間/
不明
TaEco+TaEco+
(タエコプラス)※ベーシック
5,940円 5種類 約2.5時間/
約800回分
EMILI-MINI-+EMILI MINI +
(エミリミニプラス)
4,980円 32種類 約3時間/
不明

リキッド式電子タバコおすすめランキング

SMOOTH VIP(スムースビップ)
SMOOTH-VIP(スムースビップ)
価格が非常に安く、使用回数も約450回分とかなりコスパが良い電子タバコです。更に、公式サイトで定期購入をすれば毎回10%オフで購入をすることが可能です。

通常価格 2,950円
充電時間 約3時間
フレーバーの種類 7種類
使用回数/フル充電 約450回分
TaEco+(タエコプラス)※ベーシック
TaEco(タエコ)
TaEco+(タエコプラス)は料金が少々高いのがネックですが、フル充電までの時間が短く、使用回数が他の商品の約2倍も多いのが魅力です。

通常価格 5,940円
充電時間 約2.5時間
フレーバーの種類 5種類
使用回数/フル充電 約800回分
EMILI MINI +(エミリミニプラス)
EMILI-MINI-+(エミリミニプラス)
充電時間、使用回数ともに他の商品とあまり変わりませんが、EMILI MINI +(エミリミニプラス)はリキッドの数が非常に多いです。好みの香りを見つけやすい電子タバコです。

通常価格 4,980円
充電時間 約3時間
フレーバーの種類 32種類
使用回数/フル充電 不明
商品名 通常価格 リキッドの数 フル充電
ドクターベイプDR.VAPE
(ドクターベイプ)
9,180円 6種類 約2.5時間
C-Tec-DuoC-Tec Duo
(シーテック・デュオ)
2,484円 7種類 約90分
Frienbr-CLOUD17Frienbr CLOUD17
(フレンバー・クラウド17)

13,824円 3種類 約3時間

カートリッジ式電子タバコおすすめランキング

C-Tec Duo(シーテック・デュオ)
C-Tec-Duo(シーテック・デュオ)
非常に知名度の高い電子タバコです。通常価格が安く、フレーバーの種類も7種類あるので飽きがきません。また、充電時間が短いので少しの合間でフル充電が可能です。

通常価格 2,484円
充電時間 約3時間
フレーバーの種類 約90分
使用回数/フル充電 約450回分
Frienbr CLOUD17(フレンバー・クラウド17)
Frienbr-CLOUD17(フレンバー・クラウド17)
見た目がお洒落な電子タバコです。価格が少々高いのがネックですが、使用回数が非常に多いので他の電子タバコに比べて何度も充電する手間が省けます。

通常価格 13,824円
充電時間 約3時間
フレーバーの種類 3種類
使用回数/フル充電 約800回分
DR.VAPE(ドクターベイプ)
DR.VAPE(ドクターベイプ)
レディ・ガガの衣装を手掛けているデザイナーがデザインしているので見た目が非常にお洒落です。公式サイトの定期購入で2,000円近く割引されます。

通常価格 9,180円
充電時間 約2.5時間
フレーバーの種類 6種類
使用回数/フル充電 約500回分
商品名 通常価格 リキッドの数 使用回数
VITAFULVITAFUL
(ビタフル)
1,058円 10種類 約500回分
VITACIGVITACIG
(ビタシグ)
2,700円 11種類 約500回分
VITABONVITABON
(ビタボン)
2,376円 14種類 約500回分

使い捨て電子タバコおすすめランキング

VITAFUL(ビタフル)
VITAFUL(ビタフル)
他の商品が2000円台なのに対して、VITAFUL(ビタフル)は1,058円で購入可能です。更に公式サイトで、3,000円以上購入すると10%オフクーポンがもらえます。

通常価格 1,058円
使用回数 約500回分
フレーバーの種類 10種類
VITACIG(ビタシグ)
VITACIG(ビタシグ)
VITACIG(ビタシグ)には11種類のフレーバーがあります。また、公式サイトではカスタムオーダーができるので、プレゼントや記念日などに最適です。

通常価格 2,700円
使用回数 約500回分
フレーバーの種類 11種類
VITABON(ビタボン)
VITABON(ビタボン)
フレーバーの種類が14種類もあるので、様々な味を試すことができます。また、あの「ageha」とのコラボ商品を出しているので知名度が高いです。

通常価格 2,376円
使用回数 約500回分
フレーバーの種類 14種類
商品名 通常価格 ニコチンの量 アイコスとの互換性
アイコスIQOS
(アイコス)
10,980円 0.5mg~1mg
iSMOKEiSMOKE
(アイスモーク)
8,424円 0.5mg~1mg
EFOSEFOS
(イーフォス)
7,884円 0.5mg~1mg
Ploom-TECHPloom TECH
(プルームテック)
3,000円 0.05mg ×
gloglo
(グロー)
4,980円 1mg~5mg ×
AceAce
(エース)
7,980円 1mg~5mg

加熱式電子タバコおすすめランキング

EFOS(イーフォス)
EFOS(イーフォス)
EFOS(イーフォス)の連続吸引回数はなんと5本です。それでいてフル充電までの時間が約75分というのが良いですね。アイコスでは物足りない方にオススメです。

通常価格 7,884円
充電時間 約75分
ニコチンの量 0.5mg~1mg
アイコスとの互換性
Ace(エース)
Ace(エース)
2018年9月に発売の電子タバコです。バッテリー容量が大きいため、連続で3本吸うことが可能です。新発売の商品なので、周りの人ともあまり被らないというメリットも。

通常価格 7,980円
充電時間 約2時間
ニコチンの量 1mg~5mg
アイコスとの互換性
iSMOKE(アイスモーク)
iSMOKE(アイスモーク)
重さが約30gなので持ち運びが楽です。6種類の色の中から選ぶことができます。料金は少々高めですが、アイコスのタバコスティックとの互換性があります。

通常価格 8,424円
充電時間 約90分
ニコチンの量 0.5mg~1mg
アイコスとの互換性

電子タバコの選び方

電子タバコの選び方単に電子タバコと言っても様々な種類があります。

電子タバコは細かく分けるとその違いによりいくつかに分かれますが、何をどう選べばいいのか分からないという人も多いでしょう。

人気ランキングで購入する人も多いようですが、売れているものが自分にとって最適とは限りません。選ぶ基準はいくつもありますが、自分が何を優先したいかの優先順位によって選ぶといいでしょう。

またひとつの電子タバコに絞らず、いくつか持っていてそれを使い分けるという方法もあります。

タバコの代わりに使いたい

タバコの本数を使うために併用するのではなく、タバコの代わりとして使いたいという人は加熱式タバコか、タバコの味に似せてあるリキッドの電子タバコにするとよいでしょう。

電子タバコよりも加熱式タバコの方がよりタバコ感があります。

そのためタールの高いタバコやメンソールではないタイプのタバコを吸ってきた人、ヘビースモーカーには電子タバコは物足りないと感じるかもしれません。

メンソールタイプのタバコを吸っていた人は、メンソールタイプのリキッドが入った電子タバコでもさほど抵抗なく使えるかもしれません。

メンソールを強く感じるタイプがおすすめです。

コストで選ぶ

電子タバコの中で最もコストが安く抑えられるのが、リキッド式電子タバコです。

スターターキットを購入すれば、後はリキッドだけ交換すればいいのでとても経済的です。

次にカートリッジ式タイプのものが低コストです。リキッド式に比べると少しコストはかかりますが、カートリッジを交換するため吸い口が清潔に保たれます。


紙巻きタバコは1本ごとに新しい吸い口ですが、電子タバコは水蒸気がでなくなるまで同じ吸い口を使い続けます。
そのため菌が増えて衛生面ではあまり優れているとは言えません。

コストが最もかかるのが使い捨て電子タバコです。コストはかかるものの、リキッドの補充やカートリッジの交換、本体の充電などのわずらわしさが一切ないため面倒くさがりの人にはおすすめです。

普通のタバコから電子タバコへ切り替えるメリット

普通のタバコから電子タバコへ切り替えるメリット普通のタバコから電子タバコへ切り替えるとメリットがたくさんあります。タバコを辞めたいけど辞められないという喫煙者がこぞって電子タバコへ移行しているのには訳があります。

昔も電子タバコはたくさんありましたが、タバコの代用とはなかなかなりませんでした。最近出ている電子タバコはヘビースモーカーでも違和感なく使えるものも多く登場しています。

世間はどんどん嫌煙化がすすみ、喫煙できる場所も限られてきます。年々減少している喫煙者が肩身の狭い思いをすることも増えてきています。

ここでは電子タバコへ切り替えるメリットをご紹介しています。

においが気にならない

分煙化、喫煙推奨となりつつある現在で、喫煙者はあまり喜ばれません。だからといって簡単に禁煙できるものではありません。


そのためタバコを吸う動作はそのままできる電子タバコはタバコを我慢しているという感覚が少なくて済みます。
電子タバコは普通のタバコのように煙が出ないため、タバコのにおいから解放されます。副流煙も出ないため小さいお子さんがいる家庭でも安心です。

リキッドは様々な香りがついているため、フルーティな香りなどで嫌なにおいではありません。また締めきった部屋の中で吸っても普通のタバコのようにいつまでもにおいが残るということがなく不快なにおいで悩む必要がなくなります。

火事の心配がいらない

普通のタバコは火を使うため、消し忘れなどによる火災が多数発生しています。

普通のタバコは寝タバコが日常だった人には危険がつきものでした。しかし電子タバコは火災の心配がないため安全に使うことができます。

健康に良い

日本はがん大国で、今では2人に1人ががんを発症し、3人に1人ががんで亡くなる時代です。

ニコチンやタール、有害物質を数多く含んだ普通のタバコは、お金を払ってわざわざ健康を害するものでしかありませんでした。

健康に悪いと分かっていながらも辞めることができないという人も多かったでしょう。

加熱式タバコはタバコの葉を使っているものも多いため、普通のタバコと比べると有害物質は少ないものの健康面で多少不安が残ります。

しかし電子タバコは日本発売のものであればニコチンが一切入っていないため、健康面でリスクを大幅にカットできると言えるでしょう。

電子タバコの使い方(吸い方)について

電子タバコの使い方(吸い方)について電子タバコはどのように吸えばいいのでしょうか。

普通の紙巻きたばこのように火を使わないのであればどう加熱しているのでしょうか。電子タバコはACアダプタにつないで吸うものと思っている人もいるようですが、そうではありません。


電子タバコはリキッド式電子タバコ、カートリッジ式電子タバコ、使い捨て電子タバコと種類によって吸うまでの手順が少し異なりますが基本は同じです。
ここでは電子タバコの吸い方を解説しています。

リキッド式電子タバコの吸い方

リキッド式電子タバコはアトマイザーというパーツにリキッドを入れて使います。リキッドがなくなったら補充し、繰り返し使うことができます。

また本体は充電式になっており充電すると何度も使えます。

リキッド式電子タバコの使用を考えているいるなら、アトマイザーとリキッドについてはよく知っておきましょう。

アトマイザーとは?>>
リキッドとは?>>

カートリッジ式電子タバコの吸い方

カートリッジ式電子タバコはカートリッジを交換するだけです。リキッド式のようにリキッドを補充する必要はありません。

カートリッジを交換し、本体を充電すれば繰り返し使うことができます。

電子タバコのデメリット(注意点)

電子タバコのデメリット(注意点)普通のタバコに比べてメリットばかりが目立つ電子タバコですが、他にデメリットはないのでしょうか。

電子タバコは割と昔から登場はしていたものの、たくさんの種類が多く出るようになったのはつい最近です。

電子タバコと一言で言っても数多くの種類が様々なメーカーから発売されており、すべて問題ないのでしょうか。

すべてのものがメリットしかないということはありません。電子タバコにも少なからずデメリットがあります。それらを踏まえて電子タバコを使うかどうかの判断材料にしましょう。

それなりにコストはかかる

従来の紙巻きたばこを辞めて電子タバコに移行したとしても、禁煙ではありません。禁煙と聞くとお金が浮いたように錯覚してしまう人もいますがそうではありません。


今までどれだけ吸っていたかによっても変わってくるものの、電子タバコはそれなりにコストがかかります。
とはいえ、最初のスターターキットが価格帯に幅がありますが、日常的にタバコを吸ってきた人であれば、電子タバコへ切り替えることでコストが抑えられるようになることが多いようです。

本当に安全かどうか未知数

電子タバコがブームになりだしてまだ日も浅いです。そのためすべての電子タバコの安全性というのは未知数です。

海外の電子タバコでは危険性を指摘されたものもあります。まだ電子タバコが登場してさほど歴史がないためデータがそろっていません。

そのため今のところ健康被害はない、安全と思われるとされていますがその保証はありません。科学の進歩もあり、何十年か後になって電子タバコが危険とされることがあるかもしれません。

今のところ安全と考えられているという視点で吸うかどうかは自己判断にゆだねられます。

タイでは電子タバコは違法!日本の規制は?>>

禁煙を考えているなら最初は電子タバコと併用するのがおすすめ

禁煙を考えているなら最初は電子タバコと併用するのがおすすめ今までタバコを吸っていた人がいきなり禁煙というのはなかなか難しいものです。今までも禁煙にチャレンジしたけど挫折したという人も多いでしょう。


お医者さんから今すぐ辞めないと体を壊すと言われないないと、実感がわかないのではないでしょうか。
タバコを吸うか吸わないかと2つの選択肢だけでなく、タバコも吸いながら上手に電子タバコを取り入れていって、禁煙へ向けて徐々に移行するというように電子タバコを併用するのがおすすめです。

タバコが吸いたいと思っても電子タバコを何吸いかしてみたら吸わなくても大丈夫だったということもあります。

ニコチン中毒と思っていても、実はニコチンはさほど体は必要としていなくて、タバコを吸って煙や水蒸気を吐いてという動作だけをしたいということもあります。

タバコを吸うことが習慣になっており、体にニコチンを入れなくてもタバコを吸う動作だけすれば満足という人も多いので、一度試してみてはいかがでしょうか。